06-6210-4295
お問い合わせ
06-6210-4295 お問い合わせページへ

スタッフブログ
Staff Blog

医療翻訳・医療通訳
Medical Translation & Interpretation

外国人患者への対応サポート

弊社は、医療マーケティング、医療の広告・広報企画、医療経営コンサルティング事業を展開しており、病院やクリニックなどの医療機関の集患・増患をサポートしております。

また、海外患者が日本で健診や治療を受けられるように、経験豊かなネティブ医療通訳者によるアテンド(同行)通訳などを含む医療ツーリズム事業も実施しております。

このような経験を生かしながら、医療翻訳・医療通訳サービスという新しい事業を開始いたします。加えて、弊社にはWEB制作部門もあり、外国語WEBサイト制作もご提案いたします。さらに、外国人患者からのお問い合わせを受け付ける外国人窓口業務委託サービスをご提供いたします。

弊社スタッフ一同は、在日・訪日外国人を患者として受け入れたい病院やクリニックなどの医療施設様、また外国人患者が日本での治療等を受けられるようにコーディネートする医療ツーリズム事業者様などの、集患・増患をサポートいたします。

サービス内容
Service

  • 外国人患者に院内書類を提供したい

    医療翻訳

    外国人患者を受け入れるためには、WEBサイトと院内書類の多言語化が必須です。日本語のサイトや各種書類をそのまま外国語に翻訳するだけでは、その内容が外国人に正確に伝わるとは限りません。
    したがって、翻訳ツールやソフトで翻訳したものを使用するのは適切ではありません。
    翻訳するにあたって、単語一つ一つだけでなく、文章全体はもちろんその国の文化や習慣を理解することも大事です。
    弊社では、ネイティブ医療翻訳スタッフが、サイトをはじめ、問診票、院内案内書類、カルテ、手術説明書等、院内関連書類の翻訳を行っております。

  • 院内の通訳スタッフが足りない

    医療通訳

    日本における在日外国人・訪日外国人の総数は2016年12月末現在、総務省統計局のデータによると、2,913,314人です。当然のことながら、外国人も健康上の問題が起きることがあり、怪我や急病もあります。しかし、外国人患者と医師・看護師・事務スタッフなどの医療従事者とのコミュニケーションを妨げる「言葉の壁」や「文化の壁」が大きな問題となり、診察・治療を受けられない場合が多数あります。
    この問題を解決できるのは医療通訳者です。弊社の医療通訳者は、医療従事者と外国人患者が理解し合えるように言葉や文化の違いを超えたコミュニケーションの支援を行います。

  • ホームページを多言語化にしたい

    外国語サイト制作

    外国人患者を受け入れるためには、外国語ホームページを制作する必要があります。ただし、既存のホームページにある日本語を外国語に変えただけでは、外国人向けのサイトとなりません。
    場合によっては、外国人にわかりやすくするために、追加説明が必要となることもあります。弊社の翻訳部門スタッフとWEB制作部門スタッフは、サイト内コンテンツの翻訳からデザイン・コーディング、ホームページ公開まで、共同で外国語WEBサイトの制作に携わります。外国語サイトを構築する際に生じる諸々の問題などを解決することで外国人患者の目を引くホームページにする事ができます。

  • 外国人からのお問い合わせに対応したい

    窓口業務委託

    現在の日本では、在日・訪日外国人の数が増加傾向にあり、医療機関で治療等が必要とする場合も多くなってきています。その一方で、どの医療施設にも外国語の話せるスタッフがいるとは限りません。
    突然、外国人患者からお問い合わせが来たら、対応できないことは多々あります。
    弊社の電話番号やメールアドレス、また各国で一番使用されるメッセンジャー(Skype、WeChat、QQ、WhatsAppなど)を医療施設の外国語WEBサイトに表示するだけで、外国人患者からのお問い合わせをスムーズに受け付けて、ご対応することができます。

サービス対象
Service Target

  • 病院

  • クリニック

  • 健診施設

  • 医療ツーリズム会社

弊社の医療翻訳は、関西圏を中心に、全国対応させていただいております。
必要に応じて、直接のお打ち合わせや、Skype、メール等でのお打ち合わせをさせて頂きます。

弊社の医療翻訳中国語、英語、ロシア語、ブルガリア語に対応しております。

アクセスマップ
Access Map